正林国際特許商標事務所 正林国際特許商標事務所

スタートアップ企業がどうやって莫大な収益を築き上げるのかビジネストレジャーハンティングゼロから始める知的財産戦略 スタートアップ企業がどうやって莫大な収益を築き上げるのかビジネストレジャーハンティングゼロから始める知的財産戦略

貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします 貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします

今すぐ資料ダウンロード

なぜ何社かのスタートアップ企業は知財で莫大な収益をあげられるのか? なぜ何社かのスタートアップ企業は知財で莫大な収益をあげられるのか?

1競合他社の参入障壁を高める2安定した収益の確保3市場シェアの拡大4ユーザー・取引先・銀行など信頼性アップ5IPビジネス・ライセンス収入 1競合他社の参入障壁を高める2安定した収益の確保3市場シェアの拡大4ユーザー・取引先・銀行など信頼性アップ5IPビジネス・ライセンス収入

ポイントなぜスタートアップ企業こそ知財化を検討すべきなのか?実は、知財化するメリットよりも知財化しないデメリットが会社経営の運命を左右するからです! ポイントなぜスタートアップ企業こそ知財化を検討すべきなのか?実は、知財化するメリットよりも知財化しないデメリットが会社経営の運命を左右するからです!

知財化の怖い話 知財化の怖い話

想像してみてください…こんな恐怖が現実に起こります 想像してみてください…こんな恐怖が現実に起こります

ヒト・モノ・時間・お金を投資して自社技術を結集して作り上げたあなたの会社の最高の製品。これを知財化せずに世の中にリリースしたらどうなるでしょうか?優れた技術でよい製品であればあるほど…競合他社がスグに参入してくる製品を模倣され類似製品が出回る競合優位性が保てなくなる市場で価格競争が起こる市場シェアを奪われる収入減と製品開発へ投資したヒト・モノ・時間・お金がムダに… ヒト・モノ・時間・お金を投資して自社技術を結集して作り上げたあなたの会社の最高の製品。これを知財化せずに世の中にリリースしたらどうなるでしょうか?優れた技術でよい製品であればあるほど…競合他社がスグに参入してくる製品を模倣され類似製品が出回る競合優位性が保てなくなる市場で価格競争が起こる市場シェアを奪われる収入減と製品開発へ投資したヒト・モノ・時間・お金がムダに…

さらに怖いのは… さらに怖いのは…

あなたの会社の技術が知らずに他社の知的財産権を侵害していた場合多額の賠償金の支払いを命じられ事業撤退に追いやられてしまう可能性もあります知財化する際は、競合他社の保有知財も調べる必要があるため必然的に侵害を回避することにもつながります あなたの会社の技術が知らずに他社の知的財産権を侵害していた場合多額の賠償金の支払いを命じられ事業撤退に追いやられてしまう可能性もあります知財化する際は、競合他社の保有知財も調べる必要があるため必然的に侵害を回避することにもつながります

このように知財化するメリットと知財化しないデメリットから考えても知財戦略はスタートアップ企業において非常に重要な業務であることが伺えます このように知財化するメリットと知財化しないデメリットから考えても知財戦略はスタートアップ企業において非常に重要な業務であることが伺えます

知財化はあなたの会社でも簡単にできるのか?例えば特許権を取得しようとした場合他社の特許も調べ、自社の技術に新規性や進歩性があるかを把握する必要があります。その上で特許庁に特許願・明細書・特許請求の範囲・要約・図面の申請書類を提出し、審査をパスしなければ取得できません。スタートアップ企業がゼロから知財化を行うには膨大な労力と時間がかかります。 知財化はあなたの会社でも簡単にできるのか?例えば特許権を取得しようとした場合他社の特許も調べ、自社の技術に新規性や進歩性があるかを把握する必要があります。その上で特許庁に特許願・明細書・特許請求の範囲・要約・図面の申請書類を提出し、審査をパスしなければ取得できません。スタートアップ企業がゼロから知財化を行うには膨大な労力と時間がかかります。

ポイントしかし知財化しない方が良いもあります!知財化することが利益を損なうこともあり、知財化しないことが利益を生むこともあります。たとえば、製造技術の特許権を取得しないことで、製造工程は門外不出となり自社でしか作れない製品として市場で優位に立てることもあるのです。 ポイントしかし知財化しない方が良いもあります!知財化することが利益を損なうこともあり、知財化しないことが利益を生むこともあります。たとえば、製造技術の特許権を取得しないことで、製造工程は門外不出となり自社でしか作れない製品として市場で優位に立てることもあるのです。

何を知財化し、何を知財化しないべきか?コレを見極めることが失敗が許されない経営判断となりますそこで正しい判断をするために知財戦略の専門家に相談しませんか? 何を知財化し、何を知財化しないべきか?コレを見極めることが失敗が許されない経営判断となりますそこで正しい判断をするために知財戦略の専門家に相談しませんか?

知財戦略の専門家集団正林国際特許商標事務所があなたのスタートアップを支援します特許・商標・意匠など国内外の知的財産の権利化、運用や活用に関するコンサルティングを提供して特許事務所です。知財の権利化から戦略的な活用方法はもちろん「本当に知財は必要なのか?」まで私たちがアドバイスします 知財戦略の専門家集団正林国際特許商標事務所があなたのスタートアップを支援します特許・商標・意匠など国内外の知的財産の権利化、運用や活用に関するコンサルティングを提供して特許事務所です。知財の権利化から戦略的な活用方法はもちろん「本当に知財は必要なのか?」まで私たちがアドバイスします

貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします 貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします

今すぐ資料ダウンロード

正林国際特許商標事務所には“初めての知財化”でも安心いただける確かな実績があります知財の権利化から戦略的な活用方法はもちろん「本当に知財は必要なのか?」まで私たちがアドバイスします 正林国際特許商標事務所には“初めての知財化”でも安心いただける確かな実績があります知財の権利化から戦略的な活用方法はもちろん「本当に知財は必要なのか?」まで私たちがアドバイスします

中小・ベンチャーの経営パートナーとして大企業の新規事業開発パートナーとして知財戦略コンサル実績年間100件以上 中小・ベンチャーの経営パートナーとして大企業の新規事業開発パートナーとして知財戦略コンサル実績年間100件以上

全世界の優れた知財専門家をランキングした「2020 IAM Patent 1000」に2年連続選定 全世界の優れた知財専門家をランキングした「2020 IAM Patent 1000」に2年連続選定

当事務所は知財戦略コンサルから知財取引まで、あらゆる知財活用のニーズに答える体制を構築しています。知財の世界はなお急速に変化し、ますますグローバル化して複雑になって行きますが、当事務所がお客様にとって知財の羅針盤を提供できるパートナーとして貢献できるようこれからも新しいことに挑戦続けていきます。その上で特許庁に特許願・明細書・特許請求の範囲・要約・図面の申請書類を提出し、審査をパスしなければ取得できません。所長 弁理士 正林 真之 当事務所は知財戦略コンサルから知財取引まで、あらゆる知財活用のニーズに答える体制を構築しています。知財の世界はなお急速に変化し、ますますグローバル化して複雑になって行きますが、当事務所がお客様にとって知財の羅針盤を提供できるパートナーとして貢献できるようこれからも新しいことに挑戦続けていきます。その上で特許庁に特許願・明細書・特許請求の範囲・要約・図面の申請書類を提出し、審査をパスしなければ取得できません。所長 弁理士 正林 真之

貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします 貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします

お客様の声 お客様の声

貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします 貴社の“バーチャル知財部”として全力でサポートします

今すぐ資料ダウンロード

新規事業・スタートアップ企業の知財化を支援する具体的なサービス例 新規事業・スタートアップ企業の知財化を支援する具体的なサービス例

新規事業・スタートアップ企業でのトレジャーハンティングをゼロから支援します 新規事業・スタートアップ企業でのトレジャーハンティングをゼロから支援します

資料ダウンロードフォーム▼