CATEGORY

特許権

弁理士が教える特許出願の国内優先権制度とは?仕組みをわかりやすく解説

「国内優先権制度」をご存知でしょうか。たとえば、Aさんの会社が発明Xにおける特許出願をすでに行なっていたとします。後日、その発明Xをもとにした新たな発明Yと改良発明Zが社内で考案されました。 会社では出願済みの発明Xに後続の発明YとZを加えた、広範囲での権利を取得したいと考えています。 そこで、Aさんは出願済みの発明を基礎とした包括的な権利を得るべく、「国内優先権制度」を活用して出願を行なうことに […]

【弁理士監修】特許との違いは?実用新案のメリット・デメリットを徹底比較

特許と並んで語られることの多い実用新案。なんらかのアイデアを権利化したいと考える際、どちらがより適しているのだろうと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。この記事では実用新案の概要を述べるとともに、特許と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説します。

特許権の有効期限とは?意外と知らない期限の落とし穴!権利消失も交えて解説

独自の発明において、他者の模倣などの行為から守ってくれる特許権。この権利には期限があり、所定の期間を過ぎてしまった場合には効力を失います。さらに、管理不足や外部からの働きかけによって、期限内でもその権利を消失してしまうケースがあるのです。この記事では、そんな特許権の有効期限や権利消失のケースについて解説します。